脇の下の黒ずみと胃がんの関係

胃がんイメージ画像

脇の黒ずみの原因は、女性であればほとんどが過剰な自己処理によるものだと考えれますが、一部深刻な病気、胃がんの症状としてあらわれることがあります。
ガンは日本人お死亡率として最も多く、決して人ごとではありません。 若い女性でも胃がんになることもあり、厄介なことに初期の段階ではほとんど症状がないのが特徴です。
胃がんである人全てが脇が黒ずむわけではありませんが、症状の一つとして脇の黒ずみがあらわれることがあります。 自己処理での黒ずみとはまた違い、皮膚全体が固くザラザラして、黒くなって見えるのが特徴です。
自己処理の黒ずみのように徐々にできるのではなく、短期間(1ヵ月~2カ月)で突然脇が黒ずみ、肌質が変わった場合は注意が必要です。
その他手の甲や体にかゆみのあるイボのような出来物ができたりもします。 このような症状の場合はすぐに病院での診察をうけましょう。

代謝をよくすると黒ずみが早く解消

胃がんに限らず、全てぼ病気を防ぐためにも、日頃から規則正しい生活を心がけることは大切です。また、体温を上げることで病気の予防にもなり、新陳代謝もあがります。
脇の黒ずみなども、肌の新陳代謝が悪いとなかなか解消されません。
黒ずみを解消するためにも、代謝を上げ、肌のターンオーバーをスムーズにさせましょう。 代謝をあげる方法はいくつかあるので、できることからはじめみましょう。

  • 体を温める作用のある生姜などを積極的に摂るようにする。
  • ストレッチやウォーキングなど、軽めの運動を毎日行う。
  • 体を締め付ける下着などは避ける。
  • お風呂はシャワーで済ませずに、湯船につかるようにする。
  • 冷たすぎる物を食べたり飲んだりしすぎない。
  • 飲酒やタバコは控える。
  • お肉中心の食生活を、野菜中心の食生活に変える。
  • 食事の際、お腹がパンパンになるまで食べないように気をつける。
  • 睡眠を十分にとる。特に夜10時~2時は眠るようにする。

すぐに全てを取り入れることは難しいかもしれませんが、できることからチャレンジして、病気に負けない体を作っていきましょう。

このページの先頭へ